いるみおロゴ
About Blog & Me

当ブログ『いるみお』は管理人の日常の出来事を中心に、
Mac/iPhoneのことブログのこと美味しかった食べ物
子育ての話など、自由気ままに書いています!

管理人『とろあ』。平日は普通のサラリーマン。
通勤時間など時間を見つけてブログ更新中(不規則)。
ブログを中心に色々と勉強中。
2013年にパパになったので、子育ても奮闘中XD

author-icon
namekodeluxe_kabikusuri.png

なめこ栽培キットDeluxeのお話です。
順調になめこ図鑑は埋まっていくけれども、大カビが生えない!ということで、カビ薬・改でカビの繁殖を促してみました。

実験環境

  • 普通の原木
  • 照明、保湿、加湿器 Lv.10
  • カビ薬・改使用

実験開始

実験開始早々、カビが発生。幸先がいい。駆除してみたが、なにも出ず。

10分も経たない内に、また次のカビが発生。カビの繁殖力は明らかに高くなっているようだ。これ以降も、10分弱間隔でカビが発生している。

実験結果

薬の効果時間とされる一時間が経過。今回の実験の結果は…

  • カビ:8回発生
  • 赤カビ:発生無し
  • 大カビ:発生無し
  • カビの収集品:NP計129、栄養剤・改x1

考察

カビ薬・改の効果により、カビの繁殖力は高くなっている様子。しかし、通常時と比べてどの位の上昇効果があったのか不明であるため、別途調査が必要。

また、カビ薬・改使用中、赤カビ、大カビの発生が無かったことより、カビ薬・改が赤カビ、大カビの発生促進に効果があるのかについても、確認出来ていない。

追試験実施

上記の試験結果より下記課題が発生したため、追試験を実施。

  • カビ薬・改使用による、カビの繁殖力上昇効果
  • カビ薬・改使用による、赤カビ、大カビ発生への影響

まずは、カビ薬・改使用による、カビの繁殖力上昇効果について、比較調査を行うため、通常の”カビ薬”を使用した場合の繁殖力の調査を行った。調査の結果、一時間経過まででカビ発生2回のみで、カビ薬・改使用に、カビ繁殖力は著しく上昇していると考えられる結果となった。

次に、カビ薬・改が赤カビ、大カビ発生に影響を与えるのかを調査するため、カビ薬・改使用を継続してみた。

5回繰り返し実験を行ったが、カビが5、6回発生することはあったが、赤カビ、大カビが発生することは一度も無かった。

……ここまでやって思ったのですが…ひょっとして”普通の原木”では、赤カビ以上は生えない!?とか。

当ブログが気になったら…是非RSSにご登録ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です