いるみおロゴ
About Blog & Me

当ブログ『いるみお』は管理人の日常の出来事を中心に、
Mac/iPhoneのことブログのこと美味しかった食べ物
子育ての話など、自由気ままに書いています!

管理人『とろあ』。平日は普通のサラリーマン。
通勤時間など時間を見つけてブログ更新中(不規則)。
ブログを中心に色々と勉強中。
2013年にパパになったので、子育ても奮闘中XD

author-icon
20120929_kamakura_2_01.jpg

皆様おはようございます。とろあです。

鎌倉の旅。二日目です。二日目は鎌倉から離れて、海に囲まれた島、江ノ島へ。

朝食〜江ノ島

20120929_kamakura_2_02.jpg

いざ、江ノ島へ…向かう前に、ホテルで朝食。

昨日、鎌倉駅近くで購入していた「輪心」さんのバウムクーヘンが美味しかったのでご紹介。

昨日二回目に鎌倉を訪れた際に、「輪心」さんにお邪魔しましたが、17時も過ぎて、周りのお寺と一緒にお店は殆ど閉店してしまっている中、18時半までやっているとの情報を信じて来店。駅から高徳院までの道から一本中に入ったところにお店は有りました。

町の小さなお菓子屋さんといった雰囲気で、バウムクーヘンの他にもロールケーキやフィナンシェ、プリンが売られていましたが、目的のバウムクーヘン購入。

本日の朝食に頂きましたが、生地が柔らかくて軽い口当たりで、周りは甘い砂糖でコーティングされており、さらりとと一つ完食してしまいました。

今回は購入して翌日頂きましたが、鎌倉散歩の際に食べ歩きにもちょうどいいサイズですね。

江ノ島へ

さて、今度こそ。江ノ島へ出発。

フリーパスはきれてしまいましたが、また江ノ電に乗って江ノ島駅へ。

20120929_kamakura_2_03.jpg

江ノ島だーっ!

テレビとかでしか観たことなかったですが、観たまんまですね。

そしてテレビより素晴らしいところは、江ノ島と一緒に視界に広がる海。

そして、潮の香り、波の音、海風。実際に来てみると、本当に気持ちのいいところですね(^^)

江ノ島では、まず頂上を目指してエスカーに乗ろうかと思ったのですが、気付いたら灯台、シーキャンドルがあるところまで歩いて登ってました。

20120929_kamakura_2_04.jpg

シーキャンドルでは展望台に登って、鎌倉の町や、太平洋を一望。

東京タワーなどと異なり、江ノ島から南側は全て海なので、正しく「一面が海」。

陸側も鎌倉方面、藤沢方面どちらを見ても、長い長い浜が続いており、陸からも飛び出した江ノ島のような場所で無ければ見られないであろう景色を眺める事が出来ました。

ランチはやっぱり”生しらす丼”

シーキャンドルから景色を楽しんだ後は、ちょうどお昼時。

江ノ島来たからには、と”生しらす丼”を求めてお店探し。

あの店。この店。その店。。どのお店でも”生しらす丼”が提供されていて、どこに入ればいいのかわからない!?

結局、どんどん島の端にむかうだけでお店が決まらないので、何やらやたらと混んでいる「江ノ島亭」…の手前のお店、「海覧亭」に入る事に。

話題のカツカレーなどもありましたが、もちろん”生しらす丼”を注文。

20120929_kamakura_2_05.jpg

初めまして”生しらす丼さん

昨日、”生しらす”は頂きましたが…美味でした!

ショウガに醤油、乾燥磯海苔。そして大量の生しらす。茹でたしらすとは違った食感に味が新鮮で、是非また食べにきたくなりました。

海。岩屋。

生しらす丼を食してお腹が見たされた後は、江ノ島内を更に南下し、階段をいくつも下って、すぐそばまで波が打ち寄せる海近くへ。

チェーンで立ち入り禁止になっている階段先まで行くと、本当に波が足下まで迫って…きているようでしたが、立ち入り禁止区画には入りません。

何人かの方はチェーンを乗り越え海近くまで踏み入れて居ましたが…

見ているこちらも落ち着かないので、無茶は控えて頂きたいな、と(°_°)

海近くまで下ったら、その先には”岩屋”という洞窟があります。

波によって削られて出来た空洞が、地震によって隆起して出来た洞窟。…らしいです。へぇ〜。

洞窟のなかには、複数の像があったり、富士山まで続くといわれる洞穴があったりと、暗く天井の低い洞窟の中、腰をかがめて、行く人、来る人で混み合っており、ここは人が多い時期には、ちょっと疲れてしまうスポットかも知れません。

そもそも江ノ島を歩き回った後に辿り着くような場所ですので。

江ノ島を後にして

岩屋を観光した後は、来た道を戻り、江ノ島に別れを。

2日間で何回目になるのか江ノ電に乗り鎌倉へ移動。鎌倉駅周辺でお土産を買って、今回の鎌倉観光終了となりました〜

当ブログが気になったら…是非RSSにご登録ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です