いるみおロゴ
About Blog & Me

当ブログ『いるみお』は管理人の日常の出来事を中心に、
Mac/iPhoneのことブログのこと美味しかった食べ物
子育ての話など、自由気ままに書いています!

管理人『とろあ』。平日は普通のサラリーマン。
通勤時間など時間を見つけてブログ更新中(不規則)。
ブログを中心に色々と勉強中。
2013年にパパになったので、子育ても奮闘中XD

author-icon
Omni sync 1

昨日、OmniFocusを使い始めたよーって記事を書いたのですが、
ぼくがOmniFocusを使い始めて一番最初に行ったMacとiPhoneで同期する設定について書けていなかったので、書いておこうと思います。

最初の設定はMacから

MacとiPhone(およびiPad)間でアクションなどの内容を同期するには、まず最初にMacでアカウントの作成を行う必要があります。

Mac版OmniFocusの[環境設定]→[同期]を選び、Omni Syncの登録サイトを開きます。
開いたページでEメールアドレスを入力して、SignUpボタンを押下。

Omni sync 2

入力したメールアドレスに登録用のURLアドレスが届いているので確認しましょう。

Omni sync 3

メールに記載されているURLアドレスのページを開くと、ユーザ情報を登録するページが表示されます。
と言っても、登録するのはアカウント名とパスワードだけ。

Omni sync 4

画面下部にある規約(英語)を確認して、スクショを撮り忘れましたが、同意のためチェックボックスにチェック。
登録ボタンを押下して、アカウント完了となります。

同期してみよう

OmniSyncが登録出来たら、アカウントとパスワードを入力して同期してみましょう。

Mac版は先ほどと同じ[環境設定]→[同期]のOmni Syncから入力できます。

iPhone版では、少し下にスワイプすると出てくるメニューから。

Omni sync 5
Omni sync 6


Omni sync 7

まずはSettingsを開いて、[Sync Method]で同期方法を選択。
今回の場合、Omni Sync Serverを選択して[Account]にアカウント名を入力すると同期が開始して、パスワード入力画面が表示されます。


Omni sync 8

MacでもiPhoneでも、初めて同期を行おうとした時、サーバの情報を同期するか、デバイス側の情報を同期するか聞かれます。
すでにいずれかのデバイスでアクションやプロジェクトなどを作成している場合は、消してしまわないように注意しましょう。

これでMacで作業してても、iPhoneで作業してても、タスク管理がいつでも行えるように出来ました。

当ブログが気になったら…是非RSSにご登録ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です