いるみおロゴ
About Blog & Me

当ブログ『いるみお』は管理人の日常の出来事を中心に、
Mac/iPhoneのことブログのこと美味しかった食べ物
子育ての話など、自由気ままに書いています!

管理人『とろあ』。平日は普通のサラリーマン。
通勤時間など時間を見つけてブログ更新中(不規則)。
ブログを中心に色々と勉強中。
2013年にパパになったので、子育ても奮闘中XD

author-icon

以前読んだ人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。と同じ千田琢哉さんの著書、年収が1000万円に届く人、届かない人、超える人を読みました。

本の中では年収が低い部類に入る自分としては、読んでいて残念に感じるところもありましたが…
年収が高い人と比べて、行動や考え方がどう違うのかが参考にできる内容の本でした。

年収が異なる3人の登場人物

登場人物といいますか、年収が1000万円に届く人、届かない人、超える人の中では、年収の異なる3人の登場人物がいて、それぞれの考え方、行動などが、比較形式で本の内容は構成されています。

1人目が年収400万円の人。普通のサラリーマンです。
ぼく自身を当てはめるならば、この普通のサラリーマンに該当します。

2人目は年収1000万円の人。エリートサラリーマンなどが該当。
ぼくの年収は今のままいくと、このレベルまで達するのでしょうか…?

最後に年収3000万円の人。
このレベルになるとおそらくサラリーマンでは無いですよね。
起業家や社長など、一度は名前を聞いたことがあるような有名な人なんかが、該当します。

年収400万円の悲しさ

(本の中でいう)年収400万円の人の考えや行動は、とても残念なものばかりです。

年収の低い人を、ちょっと小馬鹿にしている感が否めませんが…
実際、否定しきれない行動が自分にもあったりして、反論もできないのが悔しいところX(

年収の高い人、年収の低い人

本を読み進めていると、あることに気付きます。
それは年収3000万の人と、年収1000万および年収400万の人の関係性です。

年収400万の人は、お金を使います。

年収1000万の人は、もっと多くのお金を使います。

年収3000万の人は?
年収1000万の人や年収400万の人が買うものを世の中に提供します

理想像かも知れませんが、この本の中では、年収3000万の人は実に無駄なく生きているように感じられました。

一方で、年収400万の人は悲しいかな、残念な生き方をしていると感じずにはいられません。

本の内容を参考に、年収400万円の行動を見直し、年収3000万円の行動を起こせるように変えていきたいと思います:)

当ブログが気になったら…是非RSSにご登録ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です