いるみおロゴ
About Blog & Me

当ブログ『いるみお』は管理人の日常の出来事を中心に、
Mac/iPhoneのことブログのこと美味しかった食べ物
子育ての話など、自由気ままに書いています!

管理人『とろあ』。平日は普通のサラリーマン。
通勤時間など時間を見つけてブログ更新中(不規則)。
ブログを中心に色々と勉強中。
2013年にパパになったので、子育ても奮闘中XD

author-icon

どうも。とろあ( @tohroa )です。

しばらく出張で家を空けたりして、家族とまともに過ごせる時間が限られてくるため、出来るイベントは出来るうちに…
少し早いですが、奥さんからバレンタインデーのプレゼントを頂きました。

年越しを終え、スーパーなどのイベントコーナーは早々に次のイベントに移り変わっているので、バレンタインのプレゼントを用意するのも困らないようです。

大人気和食店「賛否両論」の笠原シェフ監修チョコレート

今年のバレンタインは恵比寿にある「賛否両論」のシェフを務める、笠原さんが監修されたこちらのチョコレート菓子を頂きました。

以前、笠原さん監修の和スイーツ本を参考にお菓子作りに挑戦したりもしましたが、チョコレートもやはり和テイスト。
「きなこ」「しょうゆ」「ほうじ茶」。
3種類の味のペカンナッツショコラです。

正直、「きなこ」以外はチョコとの相性が未知数ですが、密かに笠原ファンのぼくとしては、楽しみだったりしています。

お茶の苦味とほんのり甘いチョコレートの組み合わせ「ほうじ茶」

まず、今回は3つの内「ほうじ茶」を頂きました。

紅茶や抹茶ではなく「ほうじ茶」。
珍しいテイストですが…口に入れると、まずはチョコの周りにまぶされたほうじ茶パウダーが、やや強めの苦味を感じさせます。

続いてチョコレート。
甘ったるくはなく、ほうじ茶の後に優しい甘さを感じさせてくれます。

そして中にはペカンナッツが入っていて、苦味、甘みとナッツの味が加わって、さらに食感にも楽しみを付け加えてくれます。

そんなほうじ茶の苦味がクセになる、新しい味わいのチョコレートでした!

まだ「きなこ」「しょうゆ」は大事にとってありますが、大人の味わい?
…大人にとっても賛否両論ありそうな味わいのチョコレートといった感じでしょうか。

ちょうどバレンタインを控えたいま、自分に対してでも、誰かへでも、普段と少し違ったチョコレートをプレゼントしてみるのはいかがでしょうか:)

当ブログが気になったら…是非RSSにご登録ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です